プロフィール

MIKI YOSHIGAKI

MIKI YOSHIGAKI
芳垣美紀

大学の軽音楽部在籍中にジャズと出会い、すっかり虜となる!?

ピアニストの故市川修氏の紹介を受け、綾戸智恵氏に師事する。

現在は大阪を中心にまったりとライブ活動を展開中

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

122

Moon River

もう改めて説明する必要も無いくらい有名なこの曲。
1961年の映画「ティファニーで朝食を」の中でオードリーが窓辺に座ってギターを弾きながら歌っていました。
作曲はヘンリー・マンシーニ。

Moon river ,wider than a mail 何て広い河なのだろう、この月影の輝く河は
I'm crossing you in style someday いつか私のやり方でこの河を渡ろう
Old dream maker, you heart breaker 昔、夢をくれてそして去っていったあなた
Wherever you're going I'm going your way あなたが行くところなら私もどこへでもついて行く
Two drifters, off to see the world 二人で漂うの 世界を見るために
There's such a lot of world to see  見るべき世界がたくさんある
We're after the same rainbow 's end 私たちが探しているのは虹の端
Waiting round the bend 河が蛇行したところで待っているわ
My huckleberry friend 私の大切な友達
Moon river and me 月影の輝く河と私

これは恋愛の歌ではなく、自分がこれから進むべく運命のことを歌った歌なのか。
Rainbow's end・・・子供の頃、虹の向こう側や端っこはどうなっているんだろうと考えたことがあります。
この疑問は世界共通なのですね。

お気に入りはオードリーと言いたいところですが、カサンドラ・ウイルソン(Cassandra Wilson)です。
こんな歌、歌いたい。


スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。