プロフィール

MIKI YOSHIGAKI

MIKI YOSHIGAKI
芳垣美紀

大学の軽音楽部在籍中にジャズと出会い、すっかり虜となる!?

ピアニストの故市川修氏の紹介を受け、綾戸智恵氏に師事する。

現在は大阪を中心にまったりとライブ活動を展開中

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

127

I'll remember April

まだまだ暑い日が続いておりますが、今日は「四月の想い出」という曲をご紹介したいと思います。

この曲は1942年の「Abbott & Costello: Ride Em Cowboy」という喜劇映画の主題歌です。
映画は喜劇ですが、歌詞の内容はとてもせつない失恋の歌となっています。


This lovely day will lengthen into evening   この素敵な一日もやがて夕暮れを迎えて
We'll sigh goodbye to all we ever had     我々はため息をつきながらその日のすべてに別れを告げる
Alone where we have walked together    一緒に歩いた道を一人で歩きながら
I'll remember April and be glad       四月を想い出して喜びに浸る

I'll be content you loved me once in April    あの四月、貴方に愛されたことだけで私は満たされる
Your lips were warm and love and spring were new  貴方のくちびるは暖かで愛しく、春は始まったばかりだった
But I'm not afraid of autumn and her sorrow   しかし私は秋の寂しさを恐れはしない
for I'll remember April and you    あの四月と貴方の想い出があるから


Mel Tome や Carmen Mcraeのようにしっとりと歌い上げているものもありますが、通常はアップテンポで演奏されることが多いようです。

お勧めはイタリア人歌手のCaterina ValentetとChet Baker のボサノバアレンジのとても気持ちの良い曲です。

スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。