プロフィール

MIKI YOSHIGAKI

MIKI YOSHIGAKI
芳垣美紀

大学の軽音楽部在籍中にジャズと出会い、すっかり虜となる!?

ピアニストの故市川修氏の紹介を受け、綾戸智恵氏に師事する。

現在は大阪を中心にまったりとライブ活動を展開中

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

142

Honeysuckle rose

1929年 アンディ・ラザフとファッツ・ワーラーによって作られた曲です。

「Honeysuckle rose 」は忍冬(スイカズラ)というとても甘い香りのする花のことです。
「スイカズラ」の名の由来は、まだ砂糖の無かった昔に花を口にくわえて甘い蜜を吸ったことからきているそうです。
Honeysuckle という英名からも東西を問わず蜜が吸われていたことが分かりますね。
そういえば私がまだ小学生だった頃、学校の中庭に咲いていたツツジの花を吸って遊んだことを思い出しました。
調べたらツツジ科のレンゲツツジには死に至るほどの毒性があるとか。((((;゚Д゚)))))))  
良い子は真似しないように。(笑)

Ev’ry honeybee fills with jealousy
ミツバチたちが嫉妬してる
When they see you out with me
君と一緒のところを見たから
I don’t blame them goodness knows
でもミツバチたちを悪く言わないで
Honeysuckle rose
僕の可愛いスイカズラちゃん

When you’re passin’ by flowers droop and sigh
君が通りを歩くと花々はうなだれてため息をつく
And I know the reason why
どうしてなのか僕は知ってるよ
You’re much sweeter, goodness knows
君がとってもスウィートだからさ
Honeysuckle rose
僕の可愛いスイカズラちゃん

Don’t buy sugar, you just have to touch my cup
お砂糖なんか買わないで 僕のカップにちょっと触ってくれるだけでいいんだ
You’re my sugar, it’s sweet when you stir it up
君は僕のお砂糖だから カップの中をかき混ぜるだけで甘くなるんだ

When I’m takin’ sips from your tasty lips
君の美味しい唇にくちづけしたら
Seem the honey fairly drips
まるで蜂蜜のように滴る
You’re confection, goodness knows
君は甘いお菓子のよう
Honeysuckle rose
僕の可愛いスイカズラちゃん

この曲はやっぱり男性が女性のことを歌った歌だと思います。
「蜜が滴る甘いお菓子のような君」って男性には言わないですよね。(笑)
一説によるとちょっと淫靡な意味もあるとか。
なんとなく分かるような気がします。

この曲はやっぱりアニタ姐さんです。小粋という言葉がピッタリです。
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。