プロフィール

MIKI YOSHIGAKI

MIKI YOSHIGAKI
芳垣美紀

大学の軽音楽部在籍中にジャズと出会い、すっかり虜となる!?

ピアニストの故市川修氏の紹介を受け、綾戸智恵氏に師事する。

現在は大阪を中心にまったりとライブ活動を展開中

カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

159

I fall in love too easily

この曲は1945年のフランク・シナトラ主演ミュージカル映画「錨を上げて」の挿入歌としてサミー・カーンとスタインによって作られました。
ジーン・ケリーとねずみのジェリーが一緒にダンスするシーンが有名なのでご存知な方も多いのではないでしょうか。
邦題は「惚れっぽい私」です。

I fall in love too easily     あまりにも簡単に恋に落ちてしまう
I fall in love too fast      あっという間に恋に落ちてしまう
I fall in love too terribly hard   あまりにも激しい恋に落ちてしまう   
For love to ever last      永遠の愛を求めて

My heart should be well schooled    もっと学ばなければ
'Couse I've been fool in the past   ずっとバカだったから
But still I fall in love too easily   でもやっぱりまた恋に落ちてしまう
I fall in love too fast   あっという間に恋に落ちてしまうんだ


曲は非常に美しいメロディで切ない気持ちになるのですが、歌詞を見るとなんだかクスッと笑ってしまいます。
特に「'Couse I've been fool in the past 」は「だってバカだったもん」って感じで、その後すぐに「But still I fall in love too easily」「でもやっぱりまた恋しちゃう」ってオチが付くのが面白いです。
まさに邦題の「惚れっぽい私」がぴったりですね。

私のお気に入りは歌ものならカーメン・マクレエ、インストならキース・ジャレットトリオです。
今回は迷いに迷ってキース・ジャレットトリオにしました。
素敵過ぎます。
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。