プロフィール

MIKI YOSHIGAKI

MIKI YOSHIGAKI
芳垣美紀

大学の軽音楽部在籍中にジャズと出会い、すっかり虜となる!?

ピアニストの故市川修氏の紹介を受け、綾戸智恵氏に師事する。

現在は大阪を中心にまったりとライブ活動を展開中

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

39

Nina Simone

前にも書きましたが、私の大好きなシンガーに ニーナ・シモンがいます。
ニーナ・シモンはジャズシンガーとしてカテゴリーされることが多いようなのですが、私はそうは思っていません。
彼女の歌はとてもカテゴライズできないほど多彩で多才なのです。
ブルース、ジャズ、ソウル、クラシック、アフロキューバン、カントリー、ポップスetc...と様々です。
そしてそのどれにも共通して言えるのが、ソウル(魂)を感じるということです。
飾らない歌声、演奏のすべてをニーナは自然体で表現しています。
そして彼女の音楽に対する愛とプライドを強く感じるのです。
以前に読んだニーナの自伝には、自分の演奏中におしゃべりをする人がいたりすると途端に演奏を止めてしまうという話が書かれていました。
たしかまだそんなに有名では無かった頃のことだったと思います。
もの凄い信念ですよね。

おそらくニーナの歌が人々に愛された背景には、彼女の信念や包容力の大きさがあると思います。
ニーナの歌を聴くと、勇気づけられそして心の安らぎを得ることができるのは私だけではないでしょう。

学生の頃にお世話になったジャズバーのママがニーナ・シモンが大好きで、お店を閉める際には必ずニーナの「My Way」をかけるという決まりになっていました。
もうそのママも亡くなりましたが、今でもニーナの「My Way」を聴くとママやお店のこと、そしてジャズと出会ったばかりで毎日が感動の連続だった自分のことを思い出します。

スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。