プロフィール

MIKI YOSHIGAKI

MIKI YOSHIGAKI
芳垣美紀

大学の軽音楽部在籍中にジャズと出会い、すっかり虜となる!?

ピアニストの故市川修氏の紹介を受け、綾戸智恵氏に師事する。

現在は大阪を中心にまったりとライブ活動を展開中

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

57

SPAIN

「スペイン」は1972年にChick Corea(チック・コリア )率いる Return to Forever のアルバム「Light as a Feather」で発表された曲です。
冒頭の、フェンダー・ローズを使った「アランフェス協奏曲」が非常に美しく、そこからアップテンポのメロディへと一気になだれ込むくだりがとても好きです。

この超格好いい曲に歌詞をつけたのがAl Jarreau(アル・ジャロウ)です。
早口言葉のような歌詞をユニゾンでこれでもか、と言うように歌います。

I can remember the rain in december     
12月の雨を、私は今も覚えている

the leaves of brown on the ground       
茶色い落葉で地面は埋め尽くされ

Our love was a spanish fiesta            
私たちの恋はスペインの祭りのように激しかった

the bright lights and sounds were our joy each day  
明るい光や音は毎日私たちを喜びに包んでいた

and the nights were the heat of yearning  
そして、夜は切望の熱に満たされた。

情熱的ですねえ。
でもそれもすべて過去の思い出なのです。
ちょっと切ない…。
曲もラテンの情熱的なサウンドと物悲しさが融合されています。

リターン・トゥ・フォーエバーもアル・ジャロウも大好きなんですが
お薦めはこれです。
チック・コリアとボビー・マクファーリンのデュオ。
ボビー・マクファーリンの楽器的なアプローチにたまらなく魅了されてしまいました。
とにかく凄いの一言です!

スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。