プロフィール

MIKI YOSHIGAKI

MIKI YOSHIGAKI
芳垣美紀

大学の軽音楽部在籍中にジャズと出会い、すっかり虜となる!?

ピアニストの故市川修氏の紹介を受け、綾戸智恵氏に師事する。

現在は大阪を中心にまったりとライブ活動を展開中

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

71

Bye bye black bird

1926年に作られたとても古い曲ですが、現在でもまったく色褪せること無く、様々なミュージシャンに愛されている曲です。
特に1950年代のモダンジャズ期において、マイルス・デイビス(Miles Davis)の演奏をはじめ、モダンジャズのスタンダード曲としてたくさん演奏されました。

Pack up my care and woe
心配ごとや辛いこと、みんなバッグに詰め込んで

Here I go, singing low
歌を口ずさみながら、出て行こう

Bye bye blackbird
さようなら、黒い鳥よ

Where somebody waits for me,
私を待ってくれている誰かのもとに

Sugar's sweet , so is she
砂糖みたいに甘い人

bye bye blackbird
さようなら、黒い鳥よ

No one here can love or understand me
ここでは私を愛してくれる人も分かってくれる人も誰もいない

Oh what hard luck stories they all hand me
辛い話ばかりを押し付けてきた

Make may bed and light the light
ベッドを整えて、灯りもつけておいて

I'll be home late tonight
今夜遅くには帰るから

Blackbird bye bye
黒い鳥よ、さようなら


Blackbirdとは何のことを表しているのでしょうか。
人のことなのか、街のことなのか。
砂糖のように甘い人とは誰なんだろう。
私的には、恋人と別れて都会に出てきたけど、上手く行かなくて、やっぱり恋人のいる故郷に帰ろう。…っていう感じで考えていたのですが、ブラックバードは黒人のことだとか、当時の売春婦のことを歌った歌だとか、諸説色々あるようです。

調べてみるとこの歌にはバースがあって、
「Blackbird, blackbird, singing the blues all day(黒い鳥が一日中ブルースを歌っている)」に対して「Bluebird, bluebird, calling me far away(青い鳥が遠くから私のことを呼んでいる)」という歌詞が出てくることが分かりました。
これは、やはり幸せの青い鳥のbluebird と不幸をもたらす黒い鳥のblackbird を暗喩的な語として対比させているんだと思います。
つまり、自分が置かれていた不運な状況を指しているのではないかと思いました。

それにしてもバースを歌ってる人を今まで聴いたことがないのは何故なんでしょう!?
私が知らないだけだったらすみません…。(汗)

お薦めはこれ。敬愛する村山義光さんのソロ演奏です。

5月26日(土曜日)に千日前のミュージッククラフトでご一緒させていただきます。
お時間ありましたら、ぜひ聴きに来てください。
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。