プロフィール

MIKI YOSHIGAKI

MIKI YOSHIGAKI
芳垣美紀

大学の軽音楽部在籍中にジャズと出会い、すっかり虜となる!?

ピアニストの故市川修氏の紹介を受け、綾戸智恵氏に師事する。

現在は大阪を中心にまったりとライブ活動を展開中

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

77

There will never be another you

There will never be another youは1942年の映画「アイスランド」の主題歌です。
この曲を演奏するミュージシャンは非常に多く、曲の解釈も様々なようです。
スローテンポでの演奏を聴くと何だか物悲しく、アップテンポでの演奏では何だかワクワクするようなそんな気分になってしまいます。

There will be many other nights like this,
素敵な夜は、これからもあるでしょう
And I'll be standing here with someone new.
その時は新しい他の誰かと一緒なのでしょう
There will be other songs to sing,
今とは違う歌を歌っているのでしょう
Another fall...another spring...
今とは違う秋や春に…
But there will never be another you.
でも、貴方に代わる人はいない…

There will be other lips that I may kiss,
私は別の唇にキスをするでしょう
But they won't thrill me like yours used to do.
でも貴方とのキスほどスリルはないでしょう
Yes, I may dream a million dreams,
私にはいっぱい夢があるけど
But how can they come true,
どうすれば夢は叶うというの?
If there will never, ever be another you?
貴方以外の人と一緒に?

本当の恋は一生のうちそう何回も訪れるものではありません。
本当に心から好きになる人はそうはいません。
だからこそ貴方のことが忘れられないのです。
でもその恋は終わってしまった…。
でも貴方は私の心にずっと切ない思い出として残るのです。

誰もが「あるある!」とうなずく内容ですよね。

お薦めは、ビリー・テイラー(Billy Taylor)トリオ&ラッセル・マローン(Russell Malone)の演奏。
ラッセル・マローンは超絶ギタリストとして有名な方でありますが、ダイアン・リーブスとの演奏がとても素晴らしくて、お気に入りのギタリストとなりました。
ラッセルのギターは、聴いている人を楽しくさせたり、切なくさせたり、まるで魔法使いのようです。
YouTube動画を貼りたかったのですが、リクエストによる埋め込みは無効とのことでできませんでした。
URLは下記になりますので、是非YouTubeで見てみてください。
http://youtu.be/SkDqTtb-h7o
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。