プロフィール

MIKI YOSHIGAKI

MIKI YOSHIGAKI
芳垣美紀

大学の軽音楽部在籍中にジャズと出会い、すっかり虜となる!?

ピアニストの故市川修氏の紹介を受け、綾戸智恵氏に師事する。

現在は大阪を中心にまったりとライブ活動を展開中

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

84

I've got you under my skin その2

以前 I've got you under my skin の訳について書いた時に、「あなたという存在が深く私の内側に入り込んでしまった」と私なりの解釈をご紹介しました。
私はずっと「片思いの相手ががっつり心の中に入り込んでしまって、もうメロメロな感じ」と思って歌ってきたのですが、
先日ピアニストのフィリップ・ストレンジさんに「under my skin とはなんかムズムズする感じ」ということを教えていただきました。
「あなたはしっかり私のもの」という邦題も少し変だなあ、とは思っていたのですが、
やはりこの歌は片思いのどうにも落ち着かないムズムズしたようなソワソワしたような感じや
心のどこかで、恋をしてしまったことを戸惑っている感じも表しているのだと改めて思いました。

I've got you under my skin
貴方のことを思うとなんだか落ち着かなくなる

I've got you deep in the heart of me
心の奥深くに貴方が住み着いてしまったよう

So deep in my heart, you're really a part of me
まるで貴方が身体の一部になったみたい

微妙なニュアンスの違いですが、今日から少し違った感覚で歌ってみます。

優しくて、切なくて、力強いエラの歌が大好きです。
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。